みやざわ

東京都江戸川区瑞江の日本料理居酒屋

ご来店の前にお電話を頂ければ幸いでございます
03-5666-5960 受付時間12:00~15:00 16:30~23:00
〒133-0065 東京都江戸川区南篠崎町2-40-3

高校見学

広島が原爆被害に遭ってから65年。
TVを見ながら黙祷しました。
式典に参列されている方々は非常に暑そう。でも、被爆した方はもっともっと熱かったんでしょう・・・・。
日々の暮らしの中で、ちょっとでも嫌なことがあると、「なんで私ばっかり・・・」と不幸を背負込んだ気になりがちですが、
戦争で様々な体験をされた方に比べたら、「何を言ってるんだ!!」と恥ずかしくなります。
我慢を知らない今の若者たち。自己犠牲・・・という言葉すら知らないのではないでしょうか。
『自己犠牲』見た感じあまり好感のもてる言葉ではありません。
でも、その言葉の裏にある『真の思いやり』に触れてほしい。
あの時代・・・我が家の息子と同じ年齢の子たちは、戦地に行き、国のため、家族のために命を懸けたのです。
時代が違うといいますが、その時代、その時代に合った『命懸け』があるはずです。
毎年一度訪れるこの時期に、たるんだ心を引き締めます。
ついつい忘れてしまいがちですが、そうしたら、また来年のこの時期に思い出せばいいのです。
これが歴史の継承なんですよね。
さて、長男坊にとって戦地ともいえる・・・野球。
高校に行っても続けたいということで、夏休みの今、学校見学に行き始めました。
親の緊張も知らず、当の息子は少々呑気。
けれども、グランドで先輩に混ざって、緊張しながらも楽しそうに野球をしている姿を見ると、なんとかしてやりたい気持ちになります。
大げさと思われるかもしれませんが、私にとって息子の野球は「戦地」なんです。
背番号を縫い付ける時、ひと針、ひと針、思いを込めます。
まるで「千人針」のようですが・・・。
昨日は、指導者さんの勤務先『ゴールドジム』の野球部の練習に参加させていただきました。中学生の中では大きく見える息子…大人の中に入ると、なんて小さい!!
緊張した面持ちのまま、あっという間に時間がすぎ・・・。
でも、でも、幸せです!!
あんなにすごい方達の中に混ざって練習できる環境。
そこに導いてくださった指導者さんに心から感謝申し上げます。
明日も一校、見学に行ってきます。
部活体験もしてきます。
呑気ながらも頑張ってきた野球人生を、応援してやりたいと思っています。

コメントをどうぞ

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 暑中お見舞い申し上げます。

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

FACEBOOKでコメント

Return Top