みやざわ

東京都江戸川区瑞江の日本料理居酒屋

ご来店の前にお電話を頂ければ幸いでございます
03-5666-5960 受付時間12:00~15:00 16:30~23:00
〒133-0065 東京都江戸川区南篠崎町2-40-3

馬鹿正直・・・最高!

今朝もいい天気。けれども、大気は不安定とか・・・
夕方から夜にかけて雨の予報です。

昨日も暑い一日でした。

次男の春季大会で 茨城券坂東市「岩井球場」へ行ってきました。
私はスコアラーとして、一緒にベンチ入り。

先発ピッチャーとしてマウンドに立った次男。
しかし、いまいち本来のピッチングが出来ず、結果は3−6で負け。

ベンチ内の臨場感・・・これは最高ですね。

盛り上がっている選手達、沈んでいる選手達、全て肌で感じることが出来るのです。
こんな経験は中学野球まで。
高校野球はそうはいきませんから・・・

負け試合でしたが、いいお天気の元、素敵なグランドでの試合、最高でした。

 

タレント河本さんの一件で、世間の話題になっている「生活保護 不正受給」
ニュースを聞いていると、何だか納得いかないことばかりで・・・。

本当に困っている方が気の毒です。

働けるのに働けない・・・と言って不正申告している人。
きっと多いんだと思います。
人間誰しも、楽な方がいいですから・・・

そういう人はそういう人なりの人生なんでしょうね。
類は友を呼ぶ・・・
真面目に生活している人とは、所詮付き合って行けないんだと思います。

真正直に働いて、真正直に生活している人・・・損してるのかしら?
「正直者が馬鹿をみる」
昔からそういう言葉があるくらいですから・・・

馬鹿をみたっていいじゃない?
人から後ろ指差されて「馬鹿呼ばわり」されるより
自分自身に「馬鹿」を付けて「正直」に生きて行った方が、う〜〜〜んと幸せ。

我が家にも「馬鹿正直」な料理人が一人・・・
柔軟さが無いと言われるかもしれませんが・・・

美味しい魚は、その魚が持っている旨みで食すもの。
だから、焼く・煮るのどちらかでいいんだ・・・という信念を崩しません。

確かに、薄味で調理された「魚」のお味は、一つ一つ違う顔を持っています。

肌が赤く、身が白い 「金目鯛」と「きんき」
どちらも高級な魚ですが、全く違う旨みを持っています。

そんな「馬鹿正直な大将」がつくる「馬鹿正直な料理」を是非お召し上がりいただきたい。

今週も一週間、真面目に頑張ります!!!
皆様のご来店・・・お待ち申し上げます。

コメントをどうぞ

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 散歩道さん、毎度お世話になります。
    隠し玉・・・ですか・・・小学生の頃、見たことがあります。
    卑怯者かぁあ〜〜〜。 でも、自分が生きるため、勝つためには、仕方ないのかも。

    日本の野球って、戦争のなごりを感じますよね。

    「読売巨人軍」って、「軍」がつくくらいですから・・・。
    ユニフォームもなんとなく軍服に似てるし・・・
    頭は坊主だし・・・

    息子達が整列して挨拶する姿を見てると、何だか「敬礼」してきそう・・・そんな感じがする時があります。

    だからこそ、プロ野球より、中学野球・高校野球の方が魅力を感じるのかも・・・
    私だけ?????

  2. 昔、隠し球をやって相手に卑怯者となじられました。ルールブックには書いてあるんだけど(悲)野球って刺す、盗む、あげく殺すまで用語があって、、、。まあ練習は嘘をつかないと言うことで(真面目)。

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

FACEBOOKでコメント

Return Top