みやざわ

東京都江戸川区瑞江の日本料理居酒屋

ご来店の前にお電話を頂ければ幸いでございます
03-5666-5960 受付時間12:00~15:00 16:30~23:00
〒133-0065 東京都江戸川区南篠崎町2-40-3

試練の日

昨日もお決まりコース  野球の日。
激しい雨の後でどうなることか・・・と思いながら、弁当を作り・・・

長男の方での当番の日だったので、車で一緒に出かけることに。

篠崎から高速に乗り始めた時、電話が・・・・・・
「今日の練習試合は中止! 」

試合が無ければ、当番も無し。
あらま・・・・・・・
せっかく朝から気合入れたのに・・・・・・・

でも、時すでに遅し・・・
当番が無くても、息子を車に乗せている以上、高校まで行かねば・・・
試合は無くても、練習はあるからね・・・

何十回も走った道。
もう慣れたもので、40分走り高校に到着!
息子を下し、東京へUターン

途中、コンビニでコーヒーとパンを買い、飲みながら、かじりながら、来た道を逆走。

こんな緑豊かな場所まできておきながら、すぐ引き返すなんて・・・
あぁ、もったいない!
けど、一人で何をしろと???

帰り道、だんだん空が明るくなってきた。
このまま、何処か遊びに行きたいなぁ〜〜〜〜。
でも、そんな行動力は無くて・・・

次男の方も試合が中止。
忙しくなる・・・と予定していたものが一気になくなり・・・あっという間に「暇人間」

もう少しで、江戸川・・・
と、その時、次男から電話が・・・

急ぎ家に帰ると、熱が出たから野球休みたい・・・と。

確かに、前日から喉が凄く痛い! と、言ってた・・・。
『休んでいいよ』 

しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これが次男の試練の始まりに。

先にグランドに行っていた、気合満タンの大将。
あ・・・ちなみに我が大将、コーチのお手伝いをしています。

次男が休むという情報をキャッチするなり、怒りの電話!!!!!

「何やってんだ! ふざけるな!!」

それもそのはず。
大将がまだ家にいた時、次男はユニフォームに着替え、元気にしてたから。

でも、確かに熱があり、鼻水も出て、咳き込んでる。
急いで薬を飲ませたから、少し楽になってきたみたいだけど・・・・・

母としては無理させたくなかった。

けど、大将の「男として」の気持ちもわからなくもない。

大将がこの世界に入った時、親方から教わったこと・・・
  「具合が悪くても、前の日に飲み過ぎてクラクラしてても、とにかく仕事に遅れるな!
    来て、やってみて、でも駄目なら、その時は堂々と休め!」

そんな想いがあったからこその、大将の怒り。

まだまだ中学生・・・・・されど、もう立派な中学生。

「練習に行く」・・・と、泣きながら決意した次男。

さて、ここからが一番の試練。
「どうやって、電話で自分の気持ちを伝えたらいい?」

5分・・・10分・・・・
フーーー フーーー と大きく深呼吸しながら練習する次男。

監督と、自分の父に電話をして、
「今日練習させてください」 と、言うだけなのに・・・・・・

でも、これがなかなか。

「がんばれ・・・」 と、心の中で応援するしか出来ず、こちらも涙が出てきます。

けどね、そんな母も中学校のバスケットボール部にいた時、レギュラーから外されたくないから、
一度も休まなかったよ。
痛くても、辛くても、自分のポジション奪われたくなかったから、絶対休まなかったよ。

だからね、休んでいいよ・・・という気持ち半分
勝負の世界にいる以上、休んじゃだめ・・・と思う気持ち半分

3〜40分かかったかな・・・・・・
ようやく自分の想いを伝えられ、もう一度練習着に着替え、急ぎグランドへ。

それでも、しんどかったら戻っておいで・・・とエールを送りました。

結局、最後まで練習してきた次男。
やっぱりしんどかった・・・
けど、練習行って良かった・・・・

そう言って、布団に横たわる次男の脇の下の体温計・・・ 37.4度

頑張ったね!!!
よく頑張った!!!
174センチにもなる息子の頭を撫でてあげました。・・・もう、寝てましたけど・・・・

家族がまた一つ、成長出来た一日でした。

一件落着・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

FACEBOOKでコメント

Return Top