みやざわ

東京都江戸川区瑞江の日本料理居酒屋

ご来店の前にお電話を頂ければ幸いでございます
03-5666-5960 受付時間12:00~15:00 16:30~23:00
〒133-0065 東京都江戸川区南篠崎町2-40-3

悔し涙・・・・・・

昨日8日 次男 祐馬の第二戦・・・・・のはずでしたが、相手が棄権したため 7−0で不戦勝!!!

しかし、私にはさらに気になる試合があり・・・。

1学年上の子達・・・いわゆる1軍の子達の「全日本選手権大会決勝トーナメント」出場を懸けた
大事な、大事な一戦がありました。

対戦相手は 昨年優勝の 栃木ポニー!
代は代わっているものの、昨年の優勝を経験している子達が何人もいるチーム。

でも、ここで負けては切符を手にすることはできません。

さすが3年生!!!  打ってよし! 守ってよし!

我が江戸川が2点先制

しかし、栃木にホームランを打たれ、2−1

このまま逃げ切れれば・・・・・

でも、やはりそんなに簡単には勝たせてくれませんでした・・・。

さらに1点返され、2−2の同点のまま延長戦へ・・・

この試合、私は自ら志願しアナウンスをさせてもらいました。もちろん我が「江戸川」の・・・・・。

マイクを握る手に、力が入ります。
マイクのスイッチを切ると同時に、小さな声で祈り続けました。

この学年の子達には、特別な思いがあるのです。

長男 清太郎の代は人数が少なく、1つ下の子達と共に試合をこなしてきました。
3年生主体の強豪チームにも、一緒に立ち向かってくれた子達。

ピッチャーの早く重い球、バッターの強烈な打球
1学年違うだけですが、中学生ともなると、その違いは大きい!!!

そんなプレッシャーを抱えながら、清太郎達に力を貸してくれた今の3年生。

だから、我が子以上に応援したくなるのです。

延長8回表、栃木ポニーの攻撃・・・

また、ここでホームランを打たれてしまいました・・・しかも2ラン・・・・・

2−4のまま迎えた8回裏、江戸川の攻撃・・・

残念ながら追いつかず、ゲームセット。

選手達  泣いてました。   3年の母達も泣いてました。

私も泣きました。

清太郎が3年のこの時期に、同じように切符を手に出来なかった日、江戸川のほとりで一人大泣きしたことを思い出しながら・・・・・・。

コメントはこちらから

*

Optionally add an image (JPEG only)

FACEBOOKでコメント

Return Top